作業事例

BMW525 E39 チェックエンジンランプ点灯 バキューム漏れ診断

ちょっと古いのですがBMW525 E39 エンジン警告点灯にて入庫

早速BMW純正テスターISTAにて診断、P0174混合気が薄すぎると表示。

 

DSC_0847

 

インテーク側にて二次空気を吸っているのだろうと調べたのですが原因が解りません。

 

DSC_0843

 

そこで去年ラスベガスのSEMAショーにて購入したこちらのスモークテスターにて点検。

 

DSC_0844

 

最初は気がつかなかったのですが、なんとバルブカバーより煙が上がってきました。

この写真だとわかりにくいですね。

オイルフィラーのキャップを外すと煙が出ているのがよくわかります。

 

DSC_0846

 

スモークテスターはミネラルオイルを加熱し煙幕ををつくります。

その煙をインテーク内に注入し漏れを特定することができます。

BMWのエンジン内部は絶えず負圧を保っているのでバルブカバーの隙間が二次空気を吸い燃料を薄くしたものと思われます。

 

 

コメントは受け付けていません。

お問い合わせはこちら