作業事例

アウディ RS6 ATオーバーホール

「2速、3速の変速時の不具合と異音がする」と、

お客様からの申告でご入庫いただいたアウディRS6。

このモデルは、
サブフレームをはずし、エンジン、タービン、マニホールド、足回りなど
すべてを降ろさないとオーバーホール作業に入れません。

 

 

そしてATを分解し、オーバーホール開始。
シールの破損やパイプの亀裂などはじめ小さな不具合がところどころに。
1つのトラブルによっていろいろな部位にまで負荷がかかり、
ミッション内部を痛めていき、最終的には症状として表れていきます。

 

 

で、オーバーホールは無事終了。

 

最後の大仕事、おろしたミッション、マニホールド、エンジン、足回りなど元に戻し中。

 

 

お待たせいたしましたがもう間もなく作業完了です。

担当メカニックもお疲れ様。
今夜はご褒美のすっぽん料理を堪能ください♪

 

オートマチックの修理、オーバーホールは
国際自動車商会KJSにぜひご相談ください。

〒292-0063
千葉県木更津市江川709
電話 0438-41-1717
営業時間 9:00~18:30
http://www.kjs-at.com

コメントは受け付けていません。

お問い合わせはこちら