作業事例

アウディ 7速DSG Sトロニック修理 (0B5)

マニュアルトランスミッションの基本構造を残しつつオートマチックトランスミッションのように自動変速の開発が進み、欧州ではデュアルクラッチトランスミッションが主流になりつつあります。 しかし、まだまだ開発途上の段階のようで非常にトラブルが頻発しているのも事実です。 今回のご入庫はアウディS4のトラブルで偶数のギア及びリバースが入らないという症状です。

DSC_1429

原因はメカトロニクスの不具合。 アウディ、VWに搭載されている7速DSGの殆どのトラブルはこのメカトロニクスが原因です。 こちらの部品ディーラーにて交換すると70万円くらいかかります。 今回はリペアにて30万円くらいで収めることが出来ました。 この症状以外にも変速がぎくしゃくする、車両の発進時に違和感がある等の問題が発生しているようでしたら一度ご相談ください。

DSC_1425 DSC_1145 DSC_1310 

お問い合わせはこちら