作業事例

BMW Z4  吹け上がらない (ハイプレッシャーポンプ不良)

さて、今回入庫してきたZ4は冷間時エンジンに負荷をかけると吹け上がりが安定しないうえエンジン警告灯が点灯してひまったという症状です。

2016-03-04 13.51.02

まずはISTAにて診断、高圧フュエルポンプ異常エラーを確認。

圧力センサーのデーターを見ると従来50bar位で安定しなければならない燃圧が不安定になっています。

BMWを含め多くの車で採用されている直噴は現在主流となりつつあります。 シリンダー内に直接燃料を噴射させることにより、燃料と空気の割合を理想空燃比に近づけるのみならず燃焼室内の温度を下げることにより圧縮比を上げ、パワーや燃費の向上といった視点より開発されたシステムです。 ただ、シリンダー内の圧力は50~200気圧と非常に高圧となるため、燃料を加圧するためのポンプ、さらに高圧でも細かい制御が可能なインジェクターを要します。 今回の故障はこの高圧フュエルポンプの吐出が不安定になりエンジンのふけ上りが安定しなくなったものです。 

DSCF7128

インテークマニホールドの下に金色に光っているのが高圧フュエルポンプ。

DSCF7130

マニホールドを外した状態です。

DSCF7131

右が新品のポンプ、左が不具合が発生しているポンプになります。

交換後再度燃圧力を測定、アイドリングにて50barにて安定。

走行テスト後納車となりました。

 

 

 

旧車、キーレスリモコン取付 BMW3.0CS(E9)

時代が進むとともに車が進化し、便利な機能にならされてしまうのは致し方のないこと。 

今回はBMW3.0CSのドアロックをキーレスで開閉できるようにしたいというご依頼。

DSC_1397

構造は至ってシンプルなので一度内貼りを外してから見てみるという事で作業を開始しました。 

2016-02-29 10.23.12

ロックメカニズムの固着がひどく、こちらはしばらく灯油に漬け置き。 動きもスムーズになり組み込んで作業完了。 

2016-02-29 10.23.30

動きがスムーズになったロックメカに済みに社外のドアロックアクチュエーターを取り付けます。

DSCF7125

 

今回のいたずらはうまくいったとお客様満足していただきました。 DSC_1398

お問い合わせはこちら